契約書を作成する際のポイント

(問)

 契約書を作ろうと思います。ただ、何を書いたら良いのかが全く分かりません。どうしたら良いでしょうか。

(回答)

 契約書を作成するにあたり、注意すべきポイントは多岐に亘りますが、まずは契約書の基本的な事柄について解説します。

 

 1 契約書の構成

   基本的な構成は、下図の項目を参考にしてください。これを意識しながら確認するだけでも、契約書の全体像が把握しやすくなると思います。

【契約書の基本的な構成】

 

項目 概要
タイトル 「請負契約書」など、契約書の内容が端的に表れる表題にします。
本文 一般条項 支払条件、契約期間、解除の定め、損害賠償、秘密保持義務、合意管轄裁判所など、契約書に一般的に定められている条項。
主要条項 それぞれの契約毎に定められている条項。
後文 「本契約書を2通作成し、各自記名押印の上、甲乙各1通を所持する」など、契約書原本の作成通数や所持人などを定めるもの。
日付 契約を締結した日付。
署名・押印 契約当事者の署名や記名、押印。

 

2 5W2H

  契約書で大切なことは、契約書の形式ではなく、実現したい内容です。そのため、5W2Hに注意して、取引で実現したいこ内容を整理しましょう。その上で、曖昧な条項や内容があれば訂正するようにしましょう。

 

【契約書を確認する際の「5W2H」の例】

項目 チェック例
Who(誰が) 契約の当事者は誰か。
Why(なぜ) 契約締結の目的は何か(なぜ契約をするのか)。
What(何を) 締結する契約の内容はどのようなものか。
When(いつ) 契約の期限はいつか。いつまで有効な契約か。
Where(どこで) 契約の履行する場所はどこか。
How(どうやって) 契約は、誰がどのようなことをして、履行されるのか。
How much(いくらで) 契約を通じて支払う(受け取る)対価はいくらか。

 

 

3 契約書の用語

 契約書で使われている言葉や用法には、1つ1つ意味があります。たとえば、「商品A」と「商品A等」があった場合、「等」の有無によって、その契約条項が指し示す範囲が異なります。
 「等」の範囲が曖昧だと、「『等』には、何が含まれるのか」について相手方の解釈に相違が生まれてしまいます。
 したがって、「等」については、まずは、「等」が用いられている意味を把握し、相手方と意思疎通を図ったうえで、その契約書で「等」を用いることが適切なのか否かを検討するとよいでしょう。
 他にも、「製品」、「商品」、「対象商品」、「半製品」、「仕掛品」など、同じ意味にも理解できそうな言葉や用法にも注意しましょう。
 一般的に、契約書で使われている言葉や用法が異なれば、その意味も異なると理解されています。
 逆に、意味が同じなのに異なる言葉や用法を使っている場合、それは必ず統一しなければいけません。

 

 

 

 

4 権利や義務が発生する要件が明確になっていること

 権利・義務が発生する要件が明確になっていることも、契約書を確認する時の大切なポイントです。
 たとえば、商品の売買契約書における返品に関する条項が「本売買契約に基づき納入された商品に不具合がある場合、乙(買い手)は、甲(売り手)に当該商品を返品することができる」と条項を例にしてみます。
 この条項では、何が「不具合」に該当するのかが不明確なので問題です。
 この場合、「商品自体には不具合はなく、外装にのみ汚損がある」といった、判断に迷うような事態が発生したときにトラブルになりかねません。「不具合」に該当する事由を具体的に列挙する必要があります。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。