悪質クレーマーへの対応要領

 対応要領をいくつか記載しますので、各社のご参考にしていただけますと幸いです。

 

  ・会社に有利な場所で対応する

    ~相手が会社等に出向かない

  ・相手の身元を確認する

    ~身分証等により相手の属性を確認することは必要不可欠です

  ・担当者を含め、複数で対応する

    ~(できれば)相手より多くの人数で応対する

  ・飲み物の準備は不要

    ~「ゆっくりしてください」と受け取られたり、投げつけられるリスクも生じます

  ・面談時間を決めておく

    ~ 終了時刻となったら打ち切る。退去せず居座れば、警察に通報する

  ・相手方の用件や要求を確認する

    ~ 会社の「誠意」を示すのではなく、具体的な要求を聞く

  ・決裁権者を面談の場に同席させない

    ~ 決裁権を持つ者が同席すると、その場での即答を迫られるなどの不都合が生じ得ます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。