• 経営者と共に戦う弁護士

      首都東京法律事務所

      TOKYO METROPOLITAN LAW FIRM

    • 03-3524-7281

      受付時間 平日9:00〜18:00

(心裡留保)
第93条
1 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであって も、そのためにその効力を妨げられない。
2 ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

 

1 心裡留保とは

意思表示をする者(表意者)が、表示行為に対応する内心的効果意思(真意)のないことを知りながら、意思表示を行うことをいいます。

たとえば、真意ではプレゼントする意思がないのに、「君にあげる」と言って渡す場合などです。

 

2 旧法での運用
旧法では、「相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたとき」は無効とすると定めていました。

しかし、相手方が表意者の具体的な内容を知らずとも、表意者の真意ではないことさえ知っていれば保護する必要性に欠けるため、「相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたとき」には無効になると理解されていました。

新法ではこのことを明文化したものとなります。

 

3 第三者保護規定の創設
旧法には、心裡留保による意思表示を信頼して取引に入った第三者を保護する規定はありませんでした。

ただ、判例において、民法94条2項の類推適用により善意の第三者を保護すると判断されていました。

新法においては、このような判例の趣旨も踏まえ、心裡留保による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができないと定められました(新法93条2項)。