• 経営者と共に戦う弁護士

      首都東京法律事務所

      TOKYO METROPOLITAN LAW FIRM

    • 03-3524-7281

      受付時間 平日9:00〜18:00

(詐欺)
第96条
1 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知り、又は知ることができたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
3 前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意でかつ過失がない第三者に対抗することができない。

1 改正の要点
  第三者詐欺の要件に関する見直しと、詐欺による意思表示を信頼した第三者の保護規定の見直しがなされました。

2 第三者詐欺
  旧法は、第三者が詐欺を行った場合には、相手方がその事実を知っていた時に限って、相手方に対する意思表示を取り消すことができるとしていました。
  新法では、第三者が詐欺を行ったことを相手方が知ることができたときでも、取り消すことができると要件が追加されました。

3 第三者保護規定について
  旧法は、詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗できないと規定し、文言上は過失については問題としていませんでした。
  もっとも、詐欺による意思表示をした表意者は、責められるべき事情が小さいため、詐欺による意思表示を信頼した第三者の保護を図る上では、第三者に善意無過失を要求することとされました。

(心裡留保)
第93条
1 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであって も、そのためにその効力を妨げられない。
2 ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

 

1 心裡留保とは

意思表示をする者(表意者)が、表示行為に対応する内心的効果意思(真意)のないことを知りながら、意思表示を行うことをいいます。

たとえば、真意ではプレゼントする意思がないのに、「君にあげる」と言って渡す場合などです。

 

2 旧法での運用
旧法では、「相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたとき」は無効とすると定めていました。

しかし、相手方が表意者の具体的な内容を知らずとも、表意者の真意ではないことさえ知っていれば保護する必要性に欠けるため、「相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたとき」には無効になると理解されていました。

新法ではこのことを明文化したものとなります。

 

3 第三者保護規定の創設
旧法には、心裡留保による意思表示を信頼して取引に入った第三者を保護する規定はありませんでした。

ただ、判例において、民法94条2項の類推適用により善意の第三者を保護すると判断されていました。

新法においては、このような判例の趣旨も踏まえ、心裡留保による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができないと定められました(新法93条2項)。

2016.11.01

神田法人会

私の所属している組織の1つに、神田法人会(http://www.kanda-hojinkai.com/)があります。
神田法人会とは、東京都知事認可の公益社団法人で、主に企業の経営・経理・税の申告等全般に関する知識を提供する活動を行う団体です。勉強会と交流会がメイン行事になっています。

入会することのメリットは、定期的に開催される勉強会に参加して税務についての見識を深められること、さらに税務署の管轄によって所属できる会が分かれておりますので、地域の経営者と交流する機会を得られることが挙げられると思います(私はそう感じています)。

千代田区は、会社が多く存在しますが、(業種によるとは思いますが)近いからといって交流が生まれるわけでもありませんので、地域単位での集まりは、地元、地域への愛着心が生まれるきっかけとなり、楽しく刺激的です。

神田税務署管内で会社経営をされている方がいらっしゃいましたら、ぜひご一緒に学び、交流をしていければと思います。

aaaa

 

 

こんにちは、弁護士の岩﨑孝太郎です。

第1回目の投稿となりますので、まずは在籍する首都東京法律事務所が所在する神田小川町について、書いてみたいと思います。

神田小川町について、その町名の由来は千代田区のホームページに次のように記載されています。

「江戸時代、小川町(おがわまち)は神田の西半分を占める広大な地域をさす俗称でした。
古くは、鷹狩に使う鷹の飼育を行う鷹匠が住んでいたことから、元鷹匠町(もとたかじょうまち)と呼ばれていましたが、元禄六年(1693年)に小川町と改称されました。五代将軍綱吉が「生類憐みの令」を施行、鷹狩を禁止したため改称されたという話も伝わっています。
小川町の名前の由来は、このあたりに清らかな小川が流れていたからとも、「小川の清水」と呼ばれる池があったからともいわれています。江戸城を築いた室町時代の武将太田道灌はその風景を「むさし野の小川の清水たえずして岸の根芹(ねぜり)をあらひこそすれ」と詠んでいます。」

現在の神田小川町は、靖国通りを中心に、スポーツ店が広がり、小道に入るとちょっと洒落た飲食店が軒を連ねるというイメージが強いかもしれません。

実際にも、神田小川町は、「中高層の複合市街地として、スポーツ用品店街と連携した商業・業務施設・住宅が調和した、活気とにぎわいのあるまちをつくります。」と、商業の中でのスポーツ用品店が1つの中心であることが意識されています。

神田カレーグランプリの決勝大会が開かれる小川広場(千代田区神田小川町3-6)が所在しているのも、神田小川町です。

過去の時代からどのような移り変わりを見せて、現在の街並みが形作られていったのか、明確な記述を見つけることはできませんでしたが、町名の由来を調べてみることで、また違った街の眺め方ができるのも、街歩きの楽しみの1つかと思っています。