日常生活を営むにも、事業を経営するにも、不動産は必要不可欠です。その一方、不動産をとりまく法律は非常に複雑です。そんな不動産の世界について、法律的側面から解説したいと思います。

不動産
賃借人の返還義務~原状回復と収去義務(民法改正と不動産賃貸借)

第1 賃借物の返還義務について 1 返還義務が履行不能となった場合  賃借人は、賃貸借契約により契約終了時に賃借物を返還する義務を負っています。 【問題となるケース例】・隣家の火災により、借り家が全焼した場合。・地震によ […]

続きを読む
不動産
賃貸人の交代(改正民法605条の2)賃貸借の家賃・敷金の関係は?

第1 不動産譲渡における賃貸人の地位の移転と、賃借権の対抗要件とは? 1 賃借人にとって必要なことは何か?(賃借権の対抗要件)    賃借人に必要な対抗要件は、借地であれば、借地上の建物に借地人名義の登記を備えること、借 […]

続きを読む
債権回収
不動産競売の「配当」手続~競合する債権者、誰が参加できるか?

第1 配当を受ける債権者とは 1 配当を受けられる競合債権者について 配当を受けることができる債権者は、民事執行法87条1項を中心に記載されています。 配当要求の終期までに競売の申立てをした差押債権者(1号) 配当要求の […]

続きを読む
債権回収
不動産執行!「不動産の強制競売手続」債権者の視点から概観する

第1 はじめに  不動産の強制競売は、住宅ローンが支払えずに銀行が競売を申立てるなど、担保権(抵当権)の実行としてのイメージの方が強いかもしれません。  債権者、債務者、裁判所、入札者、買受人など、色々な立場の方々が絡み […]

続きを読む
債権回収
「不動産の仮差押え」債権回収を確実にする財産散逸防止策!

 裁判で勝訴し、いざ回収手続に踏み切ろうとしても、相手の財産が何も分からなかったり、なくなっているのでは、せっかく費用も時間も費やして判決を獲得しても意味がありません。  そこで、仮差押として、真っ先に検討をする「不動産 […]

続きを読む