売掛金の回収や賠償金の回収など、経済活動を行っていると、債権回収が必要になる場面は不可避的に発生すると思います。債権の回収について、法律的な側面から解説を致します。

債権回収
詐害行為取消権~債務者の不正な財産隠しや散逸を許さない!(改正民法)新着!!

第1 詐害行為取消権の要件 1 詐害行為取消権とは  詐害行為取消権とは、債務者の詐害行為を取消し、逸出した財産を回復することによって、債務者の財産を保全するための制度のことです。  典型的には、債務者が贈与を行った場合 […]

続きを読む
債権回収
弁護士に債権回収を依頼する:手続の流れと費用(着手金・成功報酬)新着!!

 経済活動を行っていると、取引先から予定通りに支払ってもらえなかったり、新しい取引に対して不安を感じるご経験をされる方は少なからずいらっしゃると思います。  弁護士に債権回収を依頼すると、どのようなことを行い、どの程度の […]

続きを読む
債権回収
債権回収のために規定したい契約書条項とは?弁護士が解説します

第1 債権回収に有用な契約書に定めたい条項  債権回収の実効性を高めるためには、取得した担保を有効に生かすこと、平常取引が崩れそうな際には迅速に債権の回収・保全の手段を講じることができるようにすること、取引相手に信用不安 […]

続きを読む
債権回収
連帯保証人~債権回収における保証契約の有用性と注意点を解説します

第1 保証契約の当事者・概要(内容)や種類など 1 保証契約の当事者の関係  保証契約とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、保証人がその責任を負う契約をいいます。  ポイントは、保証人は主たる債務者とは別に、債 […]

続きを読む
債権回収
取締役等の役員の責任を追及して、個人財産から債権回収を狙う方法

第1 会社法429条1項の活用で、債権回収を想定できそうな場合とは 1 放漫経営等による破綻の場合  典型的なものは、事業の遂行にはっきりとした見通しも方針もないのに、事業の拡張により収益を増加し、借財の支払いが可能であ […]

続きを読む