クレーム対応・不当要求対応
騒音クレーム対応:飲食店等の事業所・生活騒音・学校における裁判例を概観

第1 飲食店等の事業所における騒音の問題 1 基本的な判断枠組み  騒音規制法上の特定施設に、飲食店は該当しませんので、環境基本法、条例による規制を受けることになります。  たとえば、東京都の場合、飲食店営業において、午 […]

続きを読む
クレーム対応・不当要求対応
騒音クレーム対応:工場・事業場・工事現場・建築現場の裁判例を概観

第1 法律(条例)規制等と事業者の対応 1 チェックすべき規制  工場、作業場、工事現場、建設・解体現場は、その性質上どうしても音の発生が不可避であるため、騒音のクレームも発生しやすい業種です。  これらに対する法規制と […]

続きを読む
クレーム対応・不当要求対応
騒音の苦情・クレーム対応~「受忍限度論」とは?裁判所の考え方を知る

第1 はじめに 騒音に対する法規制と対応 1 一般的規制 ~ 環境基本法  一般的な騒音については、環境基本法において、「騒音に係る環境上の条件について、それぞれ、人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されるこ […]

続きを読む
債権回収
債権執行で競合する債権者の優劣は?誰がいつまで配当に参加できるか?

第1 はじめに ~ 債権執行の競合について  債権執行手続は、不動産執行のように登記簿で存在が明らかになっているものではなく、かつ、その手続も裁判所主導というよりもむしろ当事者(債権者)が主導していくイメージが強いと思い […]

続きを読む
債権回収
債権執行~差押の王道たる債権回収手続を解説

第1 はじめに  債権回収の強制執行手段で最も利用されているのが、この債権執行になります。 令和3年度の申立件数は、不動産が6,000件弱なのに対し、債権執行は14万件弱あります(司法統計参照)。  債権の仮差押えを経て […]

続きを読む
債権回収
仮差押・仮処分の担保は?敗訴債権者の損害賠償(不法行為)責任

第1 損害賠償請求訴訟の判断構造(最判昭和43年12月24日)  最三小判昭和43年12月24日は、仮差押・仮処分命令の被保全権利が後の本案において存在しないものとされた場合における、仮差押・仮処分の申請・執行に及んだ保 […]

続きを読む
契約書・契約を巡るトラブル
継続的契約の中途解約・更新拒絶(期間満了)で注意すべき事は?

第1 はじめに ~ 継続的契約の類型  継続的契約といっても、非常に多義的なものです。 一般に、「時間の経過に伴って債権債務関係を発生させる契約」などと定義されます。  典型的な継続的な契約は次の類型が挙げられます。   […]

続きを読む
債権回収
消滅時効に注意!売掛金等の債権回収で時効の完成猶予・更新を利用する

第1 はじめに ~ 消滅時効とは 1 消滅時効の対象  消滅時効の対象になる権利は、債権と所有権以外の財産権です。 2 援用  一定期間が経過するだけで、自動的に権利が消滅するわけではありません。 当事者が「消滅時効にな […]

続きを読む
債権回収
保全処分(仮差押・仮処分)の担保を取消す制度とは

第1 担保取消しの制度とは  繰り返しになりますが、民事保全手続において、違法又は不当な保全命令によって債務者に生じ得る損害の賠償請求権を賄うために、債権者は担保提供が必要となります。 【関連記事】 民事保全~裁判での権 […]

続きを読む
クレーム対応・不当要求対応
悪質クレーム(不当要求)対応で覚えておきたい「犯罪」行為類型

第1 はじめに  悪質クレーム(不当要求)の現場では、犯罪に該当する行為が行われることも見受けられます。  悪質クレームの対応にあたり、どのような行為になれば刑事罰に該当するのか、すなわち警察への被害届が可能となるのかの […]

続きを読む