不動産を取り巻く法律問題を分かりやすくお伝えします

不動産
不動産トラブルに強い弁護士に相談する

不動産トラブルは専門性の高い弁護士へ相談 不動産トラブルの主な9つの類型 trouble 01 借地権のトラブル trouble 02 立退料のトラブル trouble 03 賃料のトラブル trouble 04 売買の […]

続きを読む
借地権
借地権トラブルに強い弁護士に相談

借地権のトラブルは専門家に解決を委ねる 借地権は、地主にとっては遊休地を活用する手段として、借地人にとっては所有権物件よりリーズナブルな不動産活用手段として、両当事者にとって非常に魅力的な制度です。 もっとも、両者のすれ […]

続きを読む
借地権
【借地非訟に強い】専門性の高い弁護士へ相談

借地非訟事件を弁護士に相談する 地主・借地人のすれ違いから、話し合いによる解決を図ることができなければ、当事者だけで解決することは困難です。 借地権のトラブルには、「借地非訟」という地主と借地人の利益調整をする制度があり […]

続きを読む
借地権
借地の原状回復義務とは?裁判例や有益費との違いを解説します

賃借人は、目的物を受け取った後に、これに変更を加えた場合、賃貸借契約が終了したときは、その損傷を原状に復する義務を負います(民法621条)。 建物所有目的の借地契約が、債務不履行以外の理由で終了した場合には、借地人は地主 […]

続きを読む
借地権
借地権付建物を競売で落札したら?土地賃借権譲渡許可の裁判(借地非訟)

借地権付きの建物も、建物に設定されている抵当権が実行されたり、差押えによって、競売にかけられることがあります。 落札した人は、建物を利用するために、土地賃借権(借地権)も落札者に移転します。 このような競売手続によって借 […]

続きを読む
借地権
借地非訟の決定に対する不服申立て~即時抗告とは?抗告審の審理を解説

借地非訟事件において、不満が残る判断をされることもあり得ます。 このような場合に、裁判所の決定を争う手段があります。 裁判所の決定に不満がある場合には、決定書の送達を受けた日から2週間以内に「即時抗告」をすることができま […]

続きを読む
借地権
借地権の対抗力とは?土地が譲渡された場合の新所有者と借地人の関係新着!!

借地権が設定されている土地であっても、法令や契約による制限がある場合を除いて、地主はその土地を自由に第三者に譲渡することができます。 土地が第三者に譲渡された場合に、借地人が自己の借地権を譲受人に主張することができるかは […]

続きを読む
借地権
借地権を相続した場合、地主の承諾は必要か?地代の支払も解説

借地権の相続では、地主より承諾料の支払いを求められた場合に、支払う必要性があるか(どのように対応すべきか?)というご相談が一番多いです。 相続の場合であれば、地主の承諾は不要ですので、承諾料(名義書換料)も法律的には支払 […]

続きを読む
借地権
借地料(地代)が払われない?滞納による解除の可否と追い出しの流れ

地代の滞納は、地主からよくあるご相談の1つといえます。 「2~3ヵ月の滞納があれば解除できると聞きましたが、本当ですか?」とのご質問も多いです。 2~3ヵ月で解除できるのは、建物賃貸借であって、借地は半年程度の滞納は必要 […]

続きを読む